タナチョー

〒123-0874
東京都足立区堀之内1-16-6
TEL:03-5809-4456

Japanese | English

タナチョーの歩み

激動期の波を乗り越えて

昭和46年11月、3代目社長に就任した田中功は経営の近代化を推進し、昭和48年10月に「株式会社タナチョー」への改組改称を実施しました。


建設中の東京本店ビル
(日本橋室町・昭和42年)

3代目 田中功

オイルショック下の営業強化

株式会社化と同時期に発生したオイルショックとその後の不況の下で、当社は工事部門の営業力強化、施工技術の向上に本格的に取り組みました。折からの高層ビル化の潮流もあって三井不動産各ビルのほか、森ビル各ビル、住友新宿ビル、福岡天神コアビル、福岡新県庁舎などのガラス工事を次々と完工させました。


大板ガラスを運ぶトラック

クレーンでの荷揚げ

時代の先駆けとなった
霞ヶ関ビル(昭和43年)

大型ウィンドウへのガラスの取付け

グレージングマシンを使った施工

ページトップへ