タナチョー

〒123-0874
東京都足立区堀之内1-16-6
TEL:03-5809-4456

Japanese | English

取扱商品

ガラス

防露ガラス

普通の一重の窓ガラス(「単板ガラス」といいます)では、外気温が室内に影響を与えていると感じませんか?外が暑い時には室内も暑く、寒い時には寒く、といった具合に。
これを解決しようとして、ガラスを二重にして、その間に空気層をつくるガラスが登場しました。
これが複層ガラスです。 先進欧州諸国では、複層ガラスが、空調費の節減・省エネルギー効果もあることから、大変普及しており、普及率100%に近い国もある位です。日本は、残念ながら、やっと普及し始めた段階にあります。

複層ガラスとは

窓にしたたる水滴。視界の悪さもさることながら、カーテンも汚し、木枠まで腐らせおまけにカビの発生源にもなります。
結露は、室内外気温の差が大きくなると発生します。
これを防ぐには、断熱・遮熱でご説明した複層ガラスでも対応できますが、決定版は2枚のガラスの間に真空層があるガラスです。
これが真空ガラスです。

真空ガラスとは

2枚の板ガラスの間に真空層があるガラスです。
複層ガラスの空気層に代えて、0.2ミリの真空層があることで、断熱性能が飛躍的にアップしました。真空ガラスは、普通のガラスの約4倍、複層ガラスの約2倍の断熱性能を発揮します。
外気の温度を遮断し、室内を一定の温度に保ち、暖房効果を高めます。従って、省エネルギー効果も抜群で冬場における暖房費を約6割節減することができます。
そして、何といっても、決定的なのは、結露対策です。冬の窓辺でよくありますが、ガラス表面に水滴がついて外がみえにくくなったり、カーテンを濡らしたりすること(内外の気温差によって生じる結露)も圧倒的に軽減できます。室内温度20度・湿度60%の普通ガラスでは、外気温が8度で結露が発生しますが、真空ガラスのスタンダードタイプでは、-21度まで発生しません。
なお、比較的高い防音効果(JIS30等級レベル)ももっています。

防露ガラス

Contact

こちらの製品についてのご質問などは、下記のお問い合わせボタンからお気軽にお問合せください。

03-5809-4456

ページトップへ