タナチョー

〒123-0874
東京都足立区堀之内1-16-6
TEL:03-5809-4456

Japanese | English

採用情報

先輩メッセージ

主任 高石麻友子 「ここが合うのでは」というインスピレーションを感じたら、物怖じせずにチャレンジ
東京支店 工事営業部 主任 高石麻友子(平成17年入社)

現在の仕事内容

リフォームやリニューアルにおけるガラス工事、および店舗やオフィスのガラス工事の施工監理を担当しています。

仕事の難しい部分・注意している点

例えば店舗やオフィスのガラス部分を担当するとはいえ、それは建物という形として残ります。自分が手がけたモノが形になって見られることは大きなやりがいとなります。そしてその一方で、残るモノだからこそ、難しさもあります。
例えば使っていただく人にとって本当に使いやすいモノになっているのか、利便性を考えることはもちろん、そしてお客さまのニーズをちゃんと満たしているモノになっているのか、案件に携わるたびにその点を念頭において仕事に従事しています。中でも個人邸のリフォーム案件では、施主様と直接お話をして要望をお伺いすることが多いんです。ちゃんとお客さまの要望を引き出すためには、お客さまとの綿密なコミュニケーションが欠かせません。そういうコミュニケーションを取ることも、苦手な人にとっては難しいことかも知れません。
またガラスは何か事故があると怪我をしてしまう材料です。施工する職人さんに万一のことがないよう、現場では常に安全面に注意を払っています。

“タナチョー”の魅力とは

当社は独立系なので、いろんなメーカーと取引をしています。だから、さまざまなガラスが取り扱っており、お客さまに提案する際の選択肢が豊富なんです。そこが一番の当社の良さであり、強み。そして工事営業部のモノにとってもいろいろな材料を扱えることは、やはり魅力なんです。提案の幅も広がりますからね。また携わる案件も個人邸から店舗、オフィスのリフォーム・リニューアルなどさまざまなので、いろんな人と仕事をすることになります。
例えばオフィスビルのリフォームであればゼネコンの担当者と話したり、店舗のリニューアルであれば内装工事事業者の方と話をしたりします。もちろん個人邸の場合は、先述したように施主様と話をします。このようにいろんな人と接点を持つことで、視野が広がります。そこも当社で働く魅力でしょう。
当社の創業の地は長崎です。そのためか九州出身者が多いんです。だからなのか話し好きで明るい人が多い。そこも魅力だと思います。

今後の目標

当社は今、リフォームに力を入れています。今後、リフォーム部が設置されることになれば、積極的に参加して盛り上げていきたいと思っています。2020年に向け、建築業界は活況を呈していくことが予想されています。そんな波に乗って、いろんなチャレンジができればいいなと思います。
昔からモノを作るのが好きだったので、大学も建築系の学科を選び、この業界に就職しました。ガラスに関心を持ったのは、東京港区六本木にある泉ガーデンタワーを見たことがきっかけとなりました。 泉ガーデンタワーはオールガラスの外壁が特徴的なガラス建築です。この仕事を通じて、ガラスの新たな可能性を発見したいですね。

就職活動についてのアドバイス

とにかくいろんな分野をみることをお勧めします。そして「ここが合うのでは」というインスピレーションを感じたら、物怖じせずにチャレンジしていくことだと思います。
いろんな業界を見て勉強できるのは、就職活動のときぐらい。そんなチャンスをうまく活用しない手はありません。そしてさまざまな業界を見て、本当に自分に合う仕事、自分のやりたい仕事を見つけて欲しいと思います。

ページトップへ